わかりにくいのは、そう見せたいせい

 

 

わたしの推しはすごいのだ。


歌も、ダンスも、お芝居もトークもできる。

 

 

わたしの推しはすごいのだ。


特技だってたくさんある。

ゲーム、マジック、けん玉。

 

 

わたしの推しはすごいのだ。


作詞作曲も得意。

ギターとピアノで弾き語りもできる。

 

 

わたしの推しはすごいのだ。


アイドル歴20年以上のベテランなのに、

今だってこんなにかっこよくて可愛い。

 

 

 

「アイドル」という職業、多種多様な人がいるからか

特定の個人を表すときは歌唱メン、ビジュアルメン、と「ある一つの突出した要素」をその人の代名詞として使ったりすることもあるが

彼はどの要素も優れているのに

どの要素も突出して見えないくらいに全てこなしてしまう、オール5のスーパースター。

 

 

 

 

ルックスでばっか勝負するヤツに
たぶん なりたくないんだ

 

 

 

 

そう、彼は器用なのだ。

どんなものも少し時間を与えればサラッとこなしちゃう。しかも確実に平均点以上のクオリティで。

 


平均点以上なんてもんじゃない。

時に「それ」を本業としている人々さえも軽々と超えてしまうほどの卓越した才能がある。

 

 

金色に輝く盾やトロフィーを

彼は人生でいくつ貰ったのだろうか。


音楽、芝居、エンターテイメント

どんな分野も彼がニコッと微笑んだら一撃

最強無敵のアイドルだ。

 

 

 

「器用な人は損をしがち」

「器用貧乏」


なんて言葉もあるが、彼はその器用で多才な一面をいつだって100%の力で発揮できるような「舞台」を自力で勝ち取ってくる。

 


あんなにも多方面に長けている才能を何一つ無駄にせず、余すことなく形にしてくれる。


形にするためなら自ら動く。作る。考える。

 

 

そんなところまで、

彼はとことん「器用」で。

そして意外にも泥臭くて貪欲だ。

 

 

 

 

くさらないで やることやるよ

キュートな心意気

 

 

 


わたしの推しはうそつきだ。


自宅は185階で常時フルオーケストラを配置しているらしい。

 

 

わたしの推しはうそつきだ。


給料はおにぎりで、ドローンで自宅まで運ばれてくるらしい。

 

 

わたしの推しはうそつきだ。


地下にダンスホール、お風呂はプールサイズ、全方位鏡張りのバク転専用部屋があるらしい。

 

 

わたしの推しはうそつきだ。


絶対に悲しいのに、絶対に寂しいのに、

どんなときだって彼は愉快な冗談を言いながらケラケラ笑うのだ。

 

 

 

彼はアイドル。

5人組のアイドルだ。

でも今は、色々な理由があり5分の1として活動をしている。

 

 

彼は誰よりも5人の空間を愛し、大切にしていた。

 


グループのために、メンバーのために。

どんな仕事も「5人」のために取り組んでいた。

 

 

 

悲しくないわけがない。

寂しくないわけがないのだ。

 

 


ただのファンであるわたしだってこんなにも寂しい。

当事者である彼は、きっともっと寂しい。

 

でも彼はいつだって笑うのだ。

 


活動休止なんて無かったかのように、

まるで今も5人が現在進行形で動いているかのように、

 

「普通」みたいな顔をして

いつもみたいに面白おかしく冗談を並べる。

 

 

 

『秘密やウソが人を救うことだってあると思うよ。』

 

 

 

そんな彼の言葉通り、

わたしは彼のくだらない嘘や冗談に何度も何度も助けられてきた。

どうしようもない悲しみを何回も乗り越えてきた。

 


だって彼はいつだって笑っているのだ。

 

 

 

 

ウソもつくし インチキしても

誰かを助けてる たまに

 

 

 


彼は意外にも楽観的。

 


頭の回転が速くていつでも冷静沈着。

どんな行動も完璧な戦略と計画を基に

確実に「勝ち」にいく。

 


慎重な性格だと思われがちだが、

そんな一面と肩を並べて

誰よりも前向きでポジティブな「ノリ」も共存している。

 

 

 

「まぁ、なんとかなるっしょ」


「未来がどうなるかなんてわからないけど

 とりあえずやってみようよ」

 


こんな感じの軽さ。

 

 

なんだって戦略立てて論理的に考えるのに、意外にノリで壁を超えられちゃうポジティブマインド。

 


そのくせ帰着点はいつだって完璧100点満点。

ほらね?わたしの推しは天才なのだ。

 

 

 

 

単細胞でいこうぜ

どうせ未来は手ごわい

 

 

 


わたしの推しは難しい。


もはや何が本当で、何が嘘なのかわからない。

 

 

わたしの推しは難しい。


賢くてあざとくて、全てが計算のように見えるのに

意外に根は天然だったりもする。

 

 

わたしの推しは難しい。


聞きたいことを質問しても、いつも3ミリくらい絶妙にズレたところから当たり障りのない言葉でするっとかわす。

 

 

わたしの推しは難しい。


自分の本心を、なかなか言葉にしてくれない。

 

 

 

でも、それでいいのだ。


わたしは彼を一生「わからない」ままでいいのだ。

 

 

彼が幸せならば、

彼が笑顔で生きられるのならば、

彼がファンに「知ってほしい」「見せたい」と思うものだけで、それだけでいい。

 

 

 

とっても器用で、ちょっぴり不器用。

 


これがわたしの推しである。

 

 

 

 

 

 


君の誕生日を祝うのは何回目だろうか?

 


祝日がない

雨ばかり降る

そんな憂鬱の詰め合わせみたいな6月を好きになれたのは君のおかげ。

 


2021年も、オジサンになっても、わたしの推しはずっとずっとかっこいいのだ。

 

 

 

 

わかりにくいのは そう見せたいせい

見かけだおしより いいでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 


世界一大好きな二宮和也くん

 


38歳のお誕生日おめでとう💖

 

 

2021/6/17